ITソリューションの未来を切り開く

私たちチャンスラボ株式会社は、1982年の設立以来30年余りの長きにわたり、アプリケーション開発、組込み開発、ネットワーク構築・運用といったシステム開発事業で実績を積み重ね、自社製品の開発、そして自社サービスの展開と、常に新たなフィールドへのチャレンジを続けています。

会社概要

 

商号 チャンスラボ株式会社(Chance Lab. Corp)
設立 昭和57年6月
資本金 1億円
売上高 3億424万円(令和3年3月期)
役員構成 代表取締役 黒川 隆司
事業内容 システム開発・保守業務
決算日 3月31日 (>決算公告)
従業員数 43名(令和3年4月現在)
所在地 【本社】
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル3F
TEL:03-5614-0810   FAX:03-5614-0811
【福岡事業所】
〒812-0017 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2−10 南近代ビル5F
TEL:092-710-6656   FAX:092-710-6669
取引銀行 りそな銀行 池袋支店
三菱UFJ銀行 神田支店
公的認定 プライバシーマーク 認定取得:2006年8月 認定番号:10821541

組織図

 

主要取引先

 

株式会社アイ・エス・ビー
臼杵運送株式会社
株式会社SRA
株式会社エスエス技研プラスビ
株式会社エム・シー・アイ
株式会社クリエイティブキャスト
株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズ
Sky株式会社
株式会社東京システム技研
東京システムハウス株式会社
日本ケミファ株式会社
日本総合システム株式会社
株式会社はばたーく
株式会社アドバンストラフィックシステムズ
株式会社占部組
株式会社エス・シー・アイ
NECネッツエスアイ株式会社
株式会社エルビス
株式会社olive
株式会社クレスコ
宗教法人カトリック中央協議会
ソフト・オン・ネット ジャパン株式会社
株式会社東京システム技術
日鉄ソリューションズ株式会社
日本システム技術株式会社
一般社団法人 日本原子力産業協会
株式会社フォーサイトシステム

その他(敬称略 順不同)

沿革

 

1982 6月 東京都港区に株式会社アテナシステムを設立
1985 1月 商号を株式会社エーティーティー総研に変更
1986 本店所在地を東京都港区とする
1990 7月 本店所在地を東京都中央区とする
1995 12月 本店所在地を東京都千代田区とする
2004 9月 株式交換により株式会社チャンスイット(現 インフォニア株式会社)を連結子会社とする
2005 5月 商号をチャンスラボ株式会社に変更
3月 本店所在地を東京都中央区とする
2009 8月 OSSコンソーシアムに加入
6月 Android分野に着手
2011 6月 本社を水天宮に移転
2012 11月 ゲーム紹介アプリ「ジュゲーム」リリース
6月 設立30周年を迎える
4月 福岡事業所設立
2013 8月 深海飼育アクションゲーム「絶食!ダイオウグソクムシ」リリース
5月 カメラアプリ「プラすぱっ」リリース
2014 4月 日本Androidの会に加入
4月 Web脆弱性対策ライブラリ「Kabutron(カブトロン)for JAVA」リリース
2016 6月 黒川隆司代表取締役に就任
2017 6月 設立35周年を迎える
7月 福岡事業所を移転
2020 7月 プライバシーマークの更新(登録番号:第10821541(08)号)
2021 5月 You Tube動画配信開始
2022 1月 福岡事業所を博多区博多駅南に移転

経営理念

 

私たちは、時代と共に成長し、
常にお客様のニーズに応えられるような企業を目指します。

  • 感謝

    お客様の役に立ち、喜ばれ、感謝される企業

    相手の事を考え、理解し、お客様と一緒に達成感を味わう事で、さらにより良いものを提供していける事を目指します。

  • 成長

    社員一人ひとりが成長し続けられる企業

    チャンスを与え、苦しくもそれぞれが乗り越えていくことで社員が成長し、延いては企業として成長していく事を目指します。

  • 協力

    自分たちが持っている力を最大限発揮できる企業

    社員同士がお互いを知り、世の中のニーズとマッチさせることで当社ができる最高のシステムとサービスを提供できるよう目指します。

  • 貢献

    社員のより良い未来へ貢献できる企業

    ICTという技術を通じ、世の中に必要とさせるシステムやサービスを提供し続ける事で社会に貢献していく事を目指します。

代表挨拶

 

私たちチャンスラボ株式会社は、Webアプリケーション開発、ネットワーク構築/運用、組込み開発と各分野において携わってまいりました。

 

今まで成長し続けてきた私たちの業界も、今ではある意味飽和状態になりつつあります。企業にはなんらかのシステムが導入され、家庭では、一家に1台もしくは複数台のパソコンがあり、高速回線が普及し、あらゆるサービスが提供されています。

 

このようなインフラが整っている中、今後私たちが進むべき道は、差別化をはかり、今以上の付加価値を生めるようなサービス提案し、いかにお客様に満足していただける企業になっていけるかが重要だと考えております。さらには、人材育成または人材教育も欠かせない重要課題です。

 

今後、私たちの会社の価値を高めていくには、これらすべてが重要なキーワードだと思います。

 

社員全員が同じ価値観を共有し、どの目的に向かっていくかを常に意識し、効率よく、スピード感を持って対応できるか。その結果、私たちの求める道が開けていくのだと認識しています。

 

これからも成長し続けていける会社を目指し、日々努力してまいりますので、皆様よりご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

 

チャンスラボ株式会社
代表取締役 黒川 隆司